Top > エリア > 常に動きを把握しよう

常に動きを把握しよう

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を売り買いして利ざやを得る投資です。

 

値段は、常時動いています。

 

それが為替レートです。

 

ラジオのニュースを聞いていると、ドルやユーロの為替のニュースが流れるケースがあります。

 

よくあるのが「今のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを提示しています。

 

つまり、取引には、買いと売りの値段があります。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと提示している業者も存在しています。

 

普通は売値が買値よりも低くなるものです。

 

投資家が買うときには高く、売るときには安くなっています。

 

その差分をスプレッドといい、FX業者の利益の1つになっています。

 

スプレッドの狭さは会社によって変わります。

 

スプレッドの幅は手数料になるので、狭い業者をピックアップしたほうが得します。

 

ただ、同じ業者でも局面によってはスプレッドの広さは変動します。

 

もしもドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの広さであるとしても、レートの変動がとても大きいケースでは大きくなったりする場合があります。

 

という事で、スプレッドの幅が狭いのと同時に、変化が少ないのが不可欠です。

 

動かないスプレッドの狭さを表示する業者も数多く存在します。

 

現実にFX業者の売り買い画面内で為替相場を確認しなければ評価できないのでわずらわしいですがとても大事な事です。

 

大切な資金を賭けて売り買いをするわけですから、本物のエントリーの前に、魅力的に思えたFX取引会社の新規取引口座開設を遠慮せずにして、スプレッドの狭さを点検しましょう。

 

同じ通貨の組合せ条件によって通貨のスプレッドの差は異なることがあります。

 

いつもは銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い外貨ではスプレッドの幅が小さくあとの外貨ではスプレッドの差が広くなる事がよくあります。

 

エリア

関連エントリー
男性は美顔を目指せ立ち居振舞いが美しさのカギ相手を選ぶこと借り入れ金常に動きを把握しようテスト